プロテインおすすめランキング

ホエイプロテイン

ホヘイプロテインは原料に牛乳から作られるホエイ蛋白(乳清)を使用して作られたプロテインです。

 

乳清(乳清)タンパク質と呼ばれ乳タンパクの約20%と貴重で栄養価が豊富です。
・筋肉のエネルギー源となるBCAA(分岐鎖アミノ酸)が豊富。
・速やかな吸収が狙え、体内での利用効果に優れています。

 

こんな方におすすめ
筋肉で身体を大きくしたい方

 

・ホエイプロテインコンセントレート(WPC)
ホエイプロテインWPC製法
まずWPC製法というのは「Whey Protein Concentrate」の頭文字をとったもので日本語に訳すと「濃縮乳清タンパク質」という意味になります。この製法の特徴はアミノ酸が結合してより吸収しやすい形のホエイペプチドやカルシウム、ビタミン等の成分も一緒に残しておけるという特徴があります。しかし、乳糖不耐症など体質によってはお腹がゴロゴロしたりしてしまいます。タンパク質の含有量は高いものだと90%のものもあるのですが、このWPC製法では80%程度くらいまでになり、値段は比較的安価になります。

 

・ホエイプロテインアイソレート(WPI)
WPI製法は「Whey Protein Isolate」の頭文字をとったもので日本語に訳すと「分離乳清タンパク質」という意味になります。
この製法はほとんど不純物を含まない純度の高いプロテインを精製できるのが特徴で、タンパク質含有量が95%以上ののプロテインを作るのが可能な製法です。脂質も非常に少なく、乳糖がほとんど含まれていないのでお腹の不調にもつながりにくいです。しかしホエイペプチドやビタミン、ミネラルの量がWPCに比べて若干少なくなったり、値段もWPCより少し高価になります。

 

・加水分解ホエイペプチド(WPH)
WPH製法は「Whey Protein Hydrolyzed」の頭文字を取ってつけられた名称で、加水分解乳清タンパク質」の意味です。この製法で作られたプロテインは最もタンパク質含有量が多く、吸収も一番早いです。しかし値段もこのWPHのプロテインが一番高いので、最高級プロテインといえそうです。

カゼインプロテイン

カゼインプロテインは原料に牛乳に含まれるカゼイン蛋白を使用して作られるプロテインです。

 

乳タンパクの80%ともっとも一般的で良質なタンパク質です。

 

・吸収が緩やかで、長時間にわたってタンパク質を補強します。

 

こんな方におすすめ
一般的にタンパク質を摂りたい方

 

カゼインプロテインの種類

 

・カゼインカルシウム(カゼイン塩)
αs,βカゼインはカルシウムと塩を作って沈殿する性質がある.
このようにカゼイン中のリン酸がカルシウムと塩の形で複合体を作っているもの

 

・カゼインミセル(ミセラーカゼイン)
牛乳中では,αsカゼイン,βカゼインが,κカゼインとともにカゼイン-カルシウム-リン酸複合体の形で直径30〜300nm程度のミセルを形成して,コロイド状に分散している.これをカゼインミセルという.

ソイプロテイン

ソイプロテインは原料に大豆たんぱくを使用して作られるプロテインです。
栄養価の高い大豆を原材料にした植物性タンパク質です。
・血中コレステロール値や中性脂肪の低下に関係しています。
・基礎代謝の活性化、燃焼のサポートが期待できます。

 

こんな方におすすめです
内側から体を引き締めたい方

 

エッグプロテイン

エッグプロテインは原料に鶏卵などの卵白を使用して作られるプロテインです。

ビーフプロテイン

ビーフプロテインは原料に牛肉を使用して作られるプロテインです。